*

ビットコイン投資は安全か

*

体験からわかる今後の予想

*

全くの素人の私がいきなり結果を出すことができました

前々からビットコインに興味はありましたが、いまひとつ乗り出す勇気がありませんでした。理由は、ビットコイン関連の良くないニュースを何度か見かけたことがあるからです。中でも衝撃的だったのが、マウントゴックス社の多額の消失事件です。あれがあって、一気にビットコインに対する不信感を募らせたんですよね。それまではビットコインのみならず、仮想通貨が劇的な盛り上がりを見せていただけに、これにて仮想通貨も終わりだろうなあ、なんて思っていましたが・・。意外や意外、実はその後も着実な成長を続けていて、利用者も右肩上がりなんだそう。身近な友人にも仮想通貨に乗り出す者が急増し、自然と私も興味を抱くようになったのでした。とまあ、いろいろあって、遂にビットコインを購入することになったわけですが、結論から言いますと、見事利益を生むことに成功しました!具体的には、10万円分購入したビットコインが、なんとわずか2カ月ほどで価値が13万円ほどにまで膨らんだのです。いかがですか?全くの素人の私が、ビットコインでいきなり結果を出す。しかも2カ月で3万円近い利益を生み出したわけですからね、なかなかどうして、いい感じじゃないですか。その後も友人のアドバイスや関連書籍を参考にして、着実に利益を増やしていった私。最初につぎ込んだ10万円分のビットコインは今現在、30万円ほどにまで増やすことができました。とはいえ、これまで常に利益を増やし続けてこれたわけではありません。何度か価値が減って、損をしたこともあります。だけども、この手の投資の場合、、短期的な上げ下げで一喜一憂していてはダメです。中長期的な計画でもって運用していくのが何より重要になってきます。とまあ、今のところ順調に運用できているので、もっと勉強をして、さらなる利益を生み出したいと思います!

 

ビットコインで大損してしまった時の体験談

皆さんはビットコインについて知っていますか?僕はビットコインについては前々から知っていましたが、怪しいものだと思っていました。とりあえず取引所には登録していたのですが、実際にビットコインを買うことはありませんでした。しかし去年の12月ごろ、ビットコインが高騰して、このままさらに上がり続けるだろうと言われていたのでコインチェックという取引所で一万円分ビットコインを購入しました。その後はほぼ横ばい状態であまり変わりませんでしたが、一月ごろ、NEMというコインがハッキングにより流出するという事件が起こりました。この事件の影響で出入金に制限がかかり、ビットコインの価格自体も大幅に下落しました。そのせいで一万円分あったコインの価格が今では5000円くらいにまで下がってしまいました。投資したのが一万円だけで本当に良かったと思います。一番高値の時に買ってしまい、僕は投資にあまり向いてないのだなあと思いました。これからはこういった一獲千金を狙うようなことはせず、地道にコツコツとお金を稼いだ方がお金持ちになる一番の近道だと悟りました。おいしい話には必ず落とし穴があります。今回は損をしてしまいましたが、勉強代だと思って次につなげたいです。ちなみにこの時に買ったビットコインはまだ持っていて、次に値上がりする時を信じて待っています。さすがにこれ以上は下がらないと思うので、一万円を超えたら売ろうと思っています。皆さんも投資が好きな人は今のうちに買ってみるのもありかもしれません。

 

ビットコインバブルは崩壊してオワコンになってしまったのか

はっきりと言いますとビットコインは終わっていません。というよりもビットコインは始まってもいないのですから、終わるわけはありません。

ビットコインを中心とするいわゆる仮想通貨は、核心的技術としてブロックチェーン技術を使っています。ブロックチェーン技術はまだほとんど実用化段階に入っていないということは誰でも知っていますから、ビットコインはまだ始まっていないと言えるのです。つまりビットコインの始まりとはブロックチェーン技術が 世の中に役立つような実用化されてからスタートするのです。

しかしビットコインバブルは第一次バブルに続いて第二次バブルも崩壊してしまったと言えるかもしれません。いわゆるバブル経済もバブル経済は崩壊しましたが、経済や金融自体がなくなってしまったとか終わってしまったとかいうわけではありません。ただビットコインがオワコンではないのですが、ビットコインバブルの崩壊は、ビットコインに投資した人にはかなり大きな痛みを伴うことも、バブル経済の崩壊と同じと言えるかもしれません。

第一次コインバブルの崩壊は日本では、マウントゴックス事件という悲劇的な結末を迎えてしまいました。マウントゴックス事件ではたくさんのビットコインが消えてしまったのですから悲劇としか言いようがありません。そして第二次ビットコインバブルは2017年年末から2018年初頭にかけて崩壊してしまいました。爆発的に値上がりしたビットコインは2018年初頭になって大きく値崩れしました。それによってかなりの損失を受けた人も少なくないでしょう。

第三次ビットコインバブルが起こるかどうかは定かではありませんがブロックチェーン技術が実用化されていけばビットコインの価格も上がっていくと考えています。ビットコインはオワコンではなく、これからスタートするコンテンツなのです。

 

ビットコイン市場は今後さらに成長していくと確信しています

2017年の8月からビットコインに投資しています。

最初は高値掴みをしてしまって悲惨な状況でしたが、どうせまた上がるだろうと放置していると、秋から年末にかけて暴騰したので、かなりの恩恵を受けました。

株式投資はしていたので、テクニカルなどを駆使してFX取引も挑戦しています。

去年までは出来高が少ないので、変な動きをすることが多かったビットコインチャートですが、BTC先物が登場してからは板に厚みが増して、トレードしやすくなりました。

とは言っても、投資に失敗することもあり、年明けからの相場はかなり悲惨な状況でした。

これまでは買って放置していれば勝手に儲かる相場だったことを痛感しました。

また、FX取引もロングを入れていれば大概は勝てていましたが、最近は難しくなっていることを実感しています。

年末の高値で全て売っておけば良かったと後悔しています。

そして、まだ未熟な市場で情報量も少ないので、情報収集がカギになります。

私はTwitterを中心に日々情報収集しています。

Twitterには海外投資家も含めて、いろいろなチャート分析が無料でツイートされているのでとても有益です。

また、仮想通貨関連のニュースも、Twitterが一番早く確認することができるので、1時間に1回は目を通すようにしています。

最近は仮想通貨ブログも増えてきて情報量が多いので、良い傾向だと思います。

今もまだ「仮想通貨は詐欺だ、危ない」という声が多いですが、これからは機関投資家も参入し始めて、仮想通貨市場はさらに成長していくと感じています。

今の低い位置で投資した人は、近い将来、大きな儲けを得られると思います。

 

ガチホ!?今後もビットコインの取引を続けていくつもりです

マウントゴックス事件でビットコインの事を知り、2年ほど前に初めて取引所の登録を行いました。当時はまだビットコインも数万円程度で事件もあったため将来にあまり期待はしていませんでしたが、その後急上昇し一時期は200万円を超えるほどになり正直驚いています。数万円の時期に遊び程度で1000円程ビットコインを購入しましたが、急上昇前に手放したことを今でも悔やんでいます。既にビットコインバブルは終わったという方もいらっしゃいますが、個人的にはまだまだ仮想通貨は始まったばかりだと思っています。情報収集に活用しているTwitterでもビットコインはもちろん、リップルやイーサリアムなど様々な仮想通貨の情報が毎日のように掲載されていますし、各取引所のチャットでも仮想通貨に関する話が盛り上がっています。まだまだビットコイン自体も改善が必要なのは間違いありませんが、これからライトニングネットワークが実装されれば送金スピードや高い手数料の問題は解決されます。既に電子マネーのように支払いに使える店舗が日本でも増えてきていますので、一般の方が当たり前に仮想通貨で買い物や食事をするようになればビットコインの価値も更に上がっていくことが期待できます。私も現在は投機目的で保有していますが、まだまだ手放す予定はありません。ビットコインを含めた仮想通貨全体が今後更に盛り上がり、将来現金を持ち歩かなくても仮想通貨だけで生活できる未来がくることを願っています。

 

ビットコインやいくつかの仮想通貨を購入した経験

ビットコインを、少額でしたが昨年の夏前に購入しました。その頃は仮想通貨自体をあまりよくわかっていなかったのですが、何か投資をしたいと調べていてビットコインの存在を知りました。投資信託など少額から始められる投資は他にもありますが、ビットコインは資産が何倍にもなり、ごくごく少額から購入できることが魅力で購入に至りました。ビットコインは投資額の倍ほどになったところですぐに売却し、その後は他の仮想通貨も購入しました。イーサリアム、ネム、ビットコインキャッシュなど購入し、中でもリップルは購入時点から価格が約4倍になり、仮想通貨はなんて効率の良い投資なのかと驚きました。リップル購入当時はネムとほぼ同じ価格で、どちらかが上がるとどちらかも引っ張られて上がるという状況でしたが、ファンダメンタルを調べているとリップルのほうがターゲットにしている市場が大きく、価格が上がるような実績を日々作っていたので、リップルを購入しました。リップルは秋になる少し前頃に購入し、12月の年末までの暴騰で約4倍にまでなりました。ビットコインなど仮想通貨は買うタイミングと、売るタイミングの見極めが資産を大きく増やせるかどうかのポイントだと、このときの経験から学びました。価格が高いときには、どれほど優良な仮想通貨を購入してもおそらくは損をしてしまいます。価格が低いときに購入することがとても大事です。また、価格が上がれば下がるときがくるので、高い価格で売却できるかどうかが資産を大きく増やせるかどうかに関わってきます。

 

仮想通貨市場の新しさに興味を持ちビットコインを購入した話

仮想通貨投資を始める前は、仮想通貨のこともビットコインについても知識不足でした。

投資全体に関しても取り組んだ経験が少なく、投資信託を少し買った程度で特に深い経験があるわけでもなかったのです。

しかし「仮想通貨」という言葉をよく聞くようになって、それに関する情報や動画を見るうちに、仮想通貨にはこれから発展する可能性がとてもあることを知りました。

ある取引所で期間限定の手数料無料のキャンペーンをしていたので、それをきっかけにビットコインを少し購入することにしました。

それから追加購入をして量を増やすなど、ある程度本格的に取り組むようになりました。

リスクもしっかり理解した上で、自分なりの方法で取り組んでいます。

仮想通貨投資を始めてから、ビットコインについての認識が深まったと思います。

最初はブロックチェーンの意味もよくわからなかったのですが、色々な知識がついてくるうちに、これは期待していいものだという感覚を持つようになりました。

仮想通貨の値動きに関しても、最初は一喜一憂をしていたのですが、最近はそれほど何も思わずむしろ長期ホールドで未来を見据えた投資方法をすることにしています。

仮想通貨に関するポジティブな情報ですぐに価格が上がったり、逆にネガティブな情報ですぐに価格が下がったりなど、価格の変動は、円やドルなどの変動よりかなり大きいものです。

私自身はそれほど金銭的に余裕があるわけでもないため、含み損を抱えても問題のない資金で運用することが、気持ちの落ち着きにつながると思いました。